イメージ画像

ケイバというギャンブル

1.天皇賞春の注目馬はこの馬だ!

パドックの状態・馬場状態を分析した結果を直前に配信しております。


2.天皇賞春2012を完全攻略

天皇賞春に出走する馬のデータを元に少数精鋭の集団がレース展開を読む!


3.天皇賞春の情報

プロの予想師が徹底的に分析した結果を提供しております。


競馬のようなギャンブルでもビジネスの世界でも、あるいは株式投資の世界でも裏情報と呼ばれるものを如何に入手するかは重要なポイントです。
他の人や他社が知らない情報を入手することで、立ち振る舞いを変えることが出来ますし、それは的中率や回収率といった点で如実に差となって現れるでしょう。
では競馬の世界における裏情報とは何でしょうか。
基本的に裏情報とは競馬関係者がもたらす情報がそれにあたります。
関係者だけが知ってる情報を馬券に展開できれば、おのずと結果として現れるというわけです。
しかし幾ら裏情報と言っても結果が伴わなくては意味がありません。
競馬を一種の投資、もしくは投資とまで見なさなくても金儲けの手段として捉えた場合、裏情報を提供してくれる競馬予想会社や、独自の視点で勝ち馬を示唆してくれる競馬予想ソフトは重要な情報ソースと言えます。
本業・副業は問わずこのように競馬投資や金儲けを行う人種は、このような情報を元にある意味機械的に馬券を買い、けっして雰囲気に流されて馬券を買ったり、勘に頼った馬券を買うことはありません。
まして激情に駆られて大きな金額で勝負するようなバクチは行わないのです。
堅実に自ら定めたやり方を愚直なまでに進むことで利益を稼ぎ出すのであり、そうしないと投資としては成り立たないのです。
反面、自分で予想をして楽しんだり好きな馬を買うという行為を抑制するため、ある意味では競馬というギャンブルを楽しむことが出来ないわけです。

地方競馬と中央競馬

地方競馬といえば運営は地方公共団体ですが、2010年の3月の時点で19の競馬場が全国にあります。
しかしこの不況も影響して経営がかなり困難で、地方競馬は減りつつあります。
少し画期的なアイディアとしては平日夜のナイター、薄暮れ開催が有名ですが、これは地方競馬のHPでチェックすれば分かります。
地方競馬における問題点、それはいろいろとありますが、例えば場外発売がバラバラになっていることも上げられるでしょう。
全部の場外馬券が買えないのです。
ですから馬券を買おうと思ったら自分が見たいレースがおこなわれている地方競馬場で販売されているかどうかを前もって確認しておく必要があります。
予想屋のアドバイスを聞いたり、レースの予想を100円で手に入れたり露天販売があるなどの昭和のにおいがプンプンするような見た目、施設に来る人が和むことが出来たりリラックスできます。
ですから地方競馬が好きだと言う人も多いです。
近頃は中央競馬でも一部の地方競馬の馬券は買えます。
地方競馬で中央競馬の宝塚記念予想の馬券も購入可能です。
中央競馬が近くにもしないというのなら、地方競馬で買えるならいいですね。
施設に関わることはこのようになっています。
最初は分かりにくいですからネットを使って色々と調べるといいでしょう。
実はあんなところにあったのかという場所に競馬場があることもあるのです。

客観的な指数で予想

競馬ブックについて人に話すならレイティング、速度指数により、PCで当てることに特徴があります。
レイティングは競馬予想をしている競馬ブックの解説者が決めて、数字で表示しています。
それを一番スピーディーに競馬ブックは取り入れています。
スピード指数とはすべての馬が同じ条件で同じ重量や場所で走ったときの時間の数字のことです。
この数字を競馬ブックが、それぞれ独自の方法で計算をすると表現する特徴がそれぞれ違ってきます。
二つの数字をチェックすればそれぞれに当てはまるレースの予想者以外の、記者が考えた距離があっているのか、調教の状態はどうなのか、馬の調子はどうなのか、口コミやそれ以外のことなどもすべて数字に当てはめてPCで当てていきます。
そしてそれから結果が出て複勝数値を誇って、馬の総合力を判断するのにとてもぴったりで客観的にチェックしてみると要因を取り入れて考えられた今や手放せないほど人気の仕組みなのですが、それだけでなく、日刊スポーツのコンピ指数も客観手k位に数字を取り入れたシステムですから、これもとても優秀です。
今はレイティングとスピード指数とコンピ指数などの客観的なこの数を使用して、馬券を購入することについて書いてある本が様々ありますが、この数字をチェックして当てるのも、予想方法の一つとして誰もが利用しているのです。

このページの先頭へ